剪定・植栽 つつじ

(19.7.9)四季の道からかずさの道へ

 四季の道かずさの道は将来つながって、往復15km程度の日本有数の遊歩道になるはずだが、現状はおゆみ野ゴルフガーデンの近くで約500m程度、途切れている。
 いつどのような形でつながる計画なのか私は知らないが、遊歩道ができるまでは、この場所はおゆみ野からちはら台に向かう一般道路の歩道を通らざる得ない。

 私はちはら台走友会に所属しており、ちはら台かずさの道で毎週土日にトレーニングをしている関係で、この一般道路の歩道を通ってちはら台に行っている。

 この道は両側にプラタナスが植えられた非常に美しい道路で、この道を自動車で通るたびに、「ここの景色は最高だ」と娘や息子は言うのだが、残念なことに一つ問題がある。
 車道から見る景色と、歩道から見る景色では、まったく違うのだ。

 車で走っていると美しいプラタナスの木しか目に入らないが、自転車で歩道を走っていると植栽が気になる。
 実は、車道と歩道を分けているつつじの植栽が、雑草に覆われてまったく元気がないのだ。ほとんど死にそうだと言った方が良い

 私は、つつじが死にそうになると、とても黙って見過ごすことができないので、走友会の練習の行き帰りを利用して、雑草の除去をおこなってきた。
 しかし片側でも500m位あり、しかも雑草の量も半端でなく、当初は「つつじなんてどこにあるの」と言うような状態だったので、なかなかはかどらない。

 しかもここはやぶ蚊のすみかなので、防御体制をしっかり整えないと、たちまちのうちに身体中がくわれて、雑草の除去どころではなくなる。
こんなに痒いなら止めてしまおうか

 だが、四季の道かずさの道というすばらしい遊歩道の間に、雑草に覆われ、つつじが今にも死にそうな歩道を見るのは耐えられない。
 せっかく遊歩道をルンルン気分で自転車を走らせてきたのに、この歩道にさしかかると、気分がめいってしまうからだ。
つつじちゃん、俺が何とかしてやるぞ」いつものように、ひとはだ脱いでしまった。

 現状は写真で見ていただくと分かるが、かなり改善傾向にある。ようやくつつじに光が差し込むようになった。
 だからそのうちに、「つつじちゃん」から恋文がくるかもしれない。

つつじは、われら一族に光を与えてくださった山崎様を、心からお慕い申しております
この年になって恋の病に落ちたらどうしよう。

 おゆみ野ゴルフガーデンの近くの歩道の写真を掲載します。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/1978?authkey=BoRChmPUqKY

| | コメント (0)

(19.6.2)つつじ再生計画 小谷小学校

 私がスクールボランティアをしている小谷小学校の外周に植えてあるつつじの一部が元気がない。運動場に入る門に向かって右側のつつじだ。
 この状態は約10年ほど前からそうなったのだが、特別に暑かった夏にいっせいに枯れ始めてしまった。たぶん極度の乾燥が原因だろう。
 今は約半分のつつじは枯れ果てて、雑草だけしかはえていない。残ったつつじはあるかなしかの状態で、生きながらえている。

 しかも春先になるとマメ科のつる草が表面を覆い、今頃になるとどくだみが繁茂してつつじを覆ってしまう。太陽光線がさえぎられ、ますますつつじが萎縮してしまうのが実情だ。

 先日校長先生が「あまりにひどい状態なので、全部切って、他の植生に変えたほうがいいのかしら」と言われたので、
 「しばらく私に任せてくれませんか。何とか再生させて見せます」と懇願した。

 実はこのつつじについては、昨年から気にかけていて、つる草や雑草の除去をできるだけ行うようにしている。しかしいったん枯れかかったつつじの再生は並大抵のことでなく、ようやく昨年よりはましと言う程度だ。

 今年は校長先生に懇願した手前、なんとしてもつつじをよみがえらしたい。そこで「つつじ再生プロジェクト」を発足させて会員を募集したところ、早速「亀ゴン」と主の僕(しもべ)「ロドリゴ」それに「亀男」が応募してくれた。
 私が会長で亀ゴンが実行委員長、ロドリゴと亀男は作業員だ。
 先日小谷小学校のS先生にこの話をしたら
実に強力なメンバーがあつまりましたね」と感心された。

 亀ゴンは特に乗り気で、早速名詞まで作ってしまった。
 先日四季の道を散歩しているときに、知り合いの犬に名詞を渡して
このたびつつじ再生プロジェクトの実行委員長になりました」と誇らしげに語っていた。

 まだ残っているつつじについては、周りの雑草を取り除いたり、適度に肥料を施したり、夏場の水遣りを欠かさなければ何とか再生できそうだ。
  しかし完全に枯れ果てて、今は雑草だけになっている場所については何かを植えなければならない。
 今の計画では、我が家にある松葉菊を移植しようと考えている。松葉菊はいったん根付けば春から夏場まで美しい花が咲くので最適だ。
小谷小学校の自動車通用門の向かって左側がそうなっている。

 実は昨年、禿げ上がった場所に松葉菊を植えてみた。しかしこの場所は犬の運動場になっており、せっかく植えてもたちまちのうちに踏み荒らされてしまい、なかなか根付かない。
  昨年の失敗に懲りたので、今年は立て札を立てて注意書きをしておくことにした。
この場所は子供たちが、松葉菊を植えて育てています。犬を散歩させないでください」子供の助けを借りよう。

 昨年は私一人だったが、今年は強力な助っ人が現れたので何とかなりそうだ。まだ数年かかるだろうが、小谷小学校のつつじがよみがえったらプロジェクトメンバー全員でお祝いをしよう。
 そのときは亀ゴンが取って置きの亀踊りをしてくれることになっている。

 今回の写真は、つつじの現状と、再生後のイメージを載せておきます。

http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/kgVaoB

本件と関連するブログは以下のとおり(ようやく身体が動いた)
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/19426_6530.html

| | コメント (0)