学校 小谷小学校

(19.6.30)小谷小学校の松葉菊

 小谷小学校の南側の土手際には従来つつじが植えられていたが、ここ10年の間に枯れてしまい、草だけが生えている場所がある。
また、残されたつつじも雑草やつる草に覆われて青息吐息の状態だった。このつつじを再生し、草だけになった場所には松葉菊を植えて、昔の美しかった景観を再現しようとプロジェクトが発足した。

 会員は、私と亀ゴンとロドリゴと亀男である。ここ1ヶ月の間に、雑草やつる草を取り除き、新たに松葉菊を植えたが、残念なことに根付きが悪い。

 原因は、ここを遊び場としている犬がいて、せっかく根付いた松葉菊を踏み荒らし、つつじの伸び始めた枝を折ってしまうからである。
  この犬は、ここらあたりで犬ゴンと言われ、いつも50歳前後の婦人が散歩させているのだが、土手際の花壇に近づくと必ず、松葉菊の上で遊び始める。

 私は思い余って、ご夫人に「この犬を花壇に入れないようにしてくれませんか。子供たちが植えた松葉菊がみんな死んでしまいます」と懇願した。
  婦人はそのときはわかった振りをし、確かに私がいるときは犬ゴンを花壇に入れないのだが、いないとなると犬ゴンの自由に任せるらしい。

 踏み荒らされた松葉菊と犬の足跡を見るにつけため息が出る。このため、昨年植えた松葉菊は成長できないし、今年の松葉菊は根元から抜かれてしまったものもある

どうしたら、いいだろう」亀ゴンに相談した。
先生の気持ちは良く分かります。私も怒りに身が振るえ、甲羅にひびが入りそうです。幸い私は放送大学でイヌ語を勉強していますので、私が犬ゴンを説得しましょう

 翌日、亀ゴンはさっそく犬ゴンが、松葉菊の上でソーシャルダンスの練習をしているところを見つけた。
ここは先生が丹精込めて松葉菊の育成を図っているところです。ダンスをするなんて不謹慎じゃないですか
先生とは、あのはげ頭か
失敬な、先生ははげ頭じゃありません。まだ少し残ってます。その証拠に後ろ髪だけはふさふさしてます。先生、帽子をとって見せてやってください

 私ははげの話はいいので、松葉菊の話をしてくれと、亀ゴンに頼んだ。

すぐにそこから下りていただきたい。ここは子供たちの夢を育む神聖な場所です
おお、そうかい。神様でもいるのかい
カメハメハの神様がおられます
犬神様の間違いじゃないのか
何と言う無知蒙昧そもそもカメハメハの神は全知全能の神で・・・・

 私は亀ゴンに神様の話はいいから、松葉菊の話をするようにもう一度依頼した。しかし亀ゴンは興奮してしまい、そこに神のしもべ、ロドリゴも参加したため、神学論争はいつ終わるとも知れない状況になってしまった。松葉菊どころではない。

 仕方がないので、私はD2に行って、園芸用の支柱と紐を買ってきて、松葉菊の周りを囲って、犬ゴンが花壇に、入りにくい環境を作ることにした。

 そして、念のため犬ゴンの主人と思われる婦人に再度懇願した。
犬を花壇に入れないようにお願いします
犬と私は何の関係もないので約束しかねます
犬を散歩させてるように見えますが
とんでもない。たまたま一緒に歩いているだけです
 女、木枯紋次郎だ。 

 亀ゴンの犬ゴンへの説得も、私のご夫人への説得もなかなか聞き入れてもらえそうにない。しばらくは、紐で松葉菊をかこってがんばってみるしかなさそうだ。

 踏まれてしまった松葉菊の写真を掲載します。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/19629?authkey=nn3G7gUuifA

なお、本件と関連する記事は以下のとおり
(つつじ再生計画)
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/1962_cd2f.html

| | コメント (0)

(19.5.27)小学校の運動会

 小学校の運動会に20年ぶりに出てみた。私がスクールボランティアをしている小谷小学校の運動会である。

 9時から運動会が始まる予定だったのでその時間に行ってみると、前日の雨でグランドの状態が悪く、予定を遅らせているようだった。
 男の先生方が、砂場の砂をぬれたグランドにまいて整備をしていたので、しばらくその作業を手伝ったが、太陽光線が非常に強く、たちまちのうちにへたばってしまった。
 砂を一杯に入れたバケツは意外に重いのだ。

以前はこの程度の作業で疲れることはなかったのに
 4月に病気をしたり、坐骨神経痛を患ったりしたら、急激に力が入らなくなってしまった。一時的なものか、今後ともそうなのか見当がつかない。

 本部テントが2つセットしてあり、1つが来賓用、もう一つが教職員用だったので、しばらく教職員用のテントで休みながら小学生の競技をみていた。
 
 私は、この学校では「山崎先生」と呼ばれている。職員用のテントにいても、誰も不思議に思わないほど、この学校になじんでしまっている。最近では子供達やお母さん方の知り合いも増えた。

 この学校の運動会は、4グループの対抗戦形式になっており、各グループには応援団長がいる。応援団長のスタイルは学ランやはかまにタスキがけだ。ちょっと異質な感じがする。

 どう見ても大学の応援団のコピーで、六大学野球の応援風景のミニチア版だと思えばいい。互いにエール交換をして始めるところなんかは、特にそっくりだ。
きっとこのスタイルを考えたのは、六大学出身者ではあるまいか」などと想像してしまった。

 運動会のような行事になると、男の先生が張り切らざるを得ないようだった。目一杯号令をかけたり、校庭に砂をまいたり、八面六臂の活躍だ。一方、高年齢の女性教師は暑さに負けて声も出ないような状態だった。
 また、先生ごとにそれぞれの受け持ちがあるのだが、ビデオ録画担当のH先生は、その操作がはじめてらしく、
事前に、操作方法の研修を受けたのだけど、なかなか難しくて」と当惑しながら操作をしていた。あまり立派な記録画像は期待しないほうがよさそうだ。

 今回は運動会の写真である。しかしこの種の写真は最近掲載するのが難しく、特に児童の顔が明確に分かるのは駄目らしい。
  ならばと、今回は写真で遊んでしまった。申し訳ない。あまり驚かないで見てほしい。
 なお、この操作はPicasaではできないので、フォトショップを使用している。


http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/RPrvzJ

| | コメント (0)

(19.4.6)手形が落ちない HPは作れるだろうか?

人間の愚かさは年をとっても変わらないらしい。頭を抱えている。K小学校の校長先生と約束した,HP(ホームページ)の修正作業をとうとうしなければならない時期がきたからだ。

 昨年のことである。校長先生から言われた。
山崎さん、K小学校のHPはここ数年、更新されていないのです。私としてはHPを何とか活性化したいのです。力を貸してください

 私は人から頼まれていやと言わない性分だから、大見得をきった。
校長先生、私はシステム経験15年です。何とかしましょう

 言ってすぐに後悔した。確かに私は15年間、ある金融機関のシステム部にいたが、実際はプログラム1本組んだことがない。
 プログラムは子会社か、ソフトウェア会社のプログラマーが組んでくれたので、私は単に発注をし、スケジュールが遅れないように督促し、出来上がったシステムを検収していただけだ。

 口だけは達者になった。
貴方のところでは、品質管理がとても十分とはいえない。プログラマーの資質に問題があるのではないですか。バグが多すぎる。もう一度テストしなおして、持ってきてください。検収はNGです
 正直言って口だけのシステムマンなのだ。

 しかし、校長先生と約束してしまったので後には引けない。そおっとジャスコ鎌取店のパソコン教室にかよって、HPの作り方を習った。
 自分でHPを立ち上げて、操作方法に習熟しようとしていた矢先、パソコン教室のサイモン先生からサジェスチョンを受けた。
山崎さん、HPの時代は終わりますよ。これからはブログの時代です。今現在はまだブログの機能が、HP並とはいえませんが、すぐに追いつきます。ブログを作ってはいかがですか

 私は人から言われると断れないたちだから、すぐにブログを立ち上げた。しかも完全にはまってしまい、機能比較と称して7つもブログを立ち上げてしまったのだ。
 サイモン先生から言われた。「ブログの第一人者ですよ
 すっかり調子に乗って、いっぱしのブロガーになったつもりでいた。

 最近になって、校長先生が再び言われた。
今年の4月からは、HPの更新の権限は、教育委員会から校長に下ろされます。是非とも学校のなまの声をフケイの方にじかに伝えられるようなHPにしたいですね

しまった、学校が必要とした技術はブログではなくHPだった
私は真っ青になった。 HPの研鑽をすっかり忘れていたのだ。

このままでは、手形が落ちない。どうしょう
私はあわてて千葉県下の小学校のすべてのHPをのぞいてみた。
 どの小学校のHPも同じパターンに統一されていた。教育委員会がモデルパターンを示して、それに沿って作っているらしい。

よかった、この程度のレベルだったら何とかなる。しかし校長先生の要望レベルが高くなったら、技術が追いつかない。技術が追いつくまでは校長先生の高まる気持ちを抑えてもらう以外、手はない

 相変わらずの泥縄になってきた。

| | コメント (0)