« (19.7.13)画像処理にはまってしまった。 その2 フォトショップ | トップページ | (19.7.15)会社の同期会 »

(19.7.14)ウルトラマラソン再挑戦 その2

 亀ゴンコーチのもとで、ウルトラマラソン再挑戦のトレーニングを始めてから2週間たった。目標は毎日2時間のJOGをすることだが、暑い日があったり、雨が降ったりして、なかなか2時間走ができなかった。
亀ゴン、こお暑くては日射病になってしまうよ
駄目です、走ってください

 しかし、ようやくこの頃身体が慣れてきて、2時間走ができるようになった。だれていた身体に活が入ったようだ。
 現在のコースは、四季の道からおおど池を巡るコースで、一周約8kmのコースを2周している。ゆっくり流すように走っているので、これで約2時間かかるのだが、実際「甲州夢街道シルクロード215Km」程度のレースになると、時速は7km位しかでないので、トレーニングとしてはちょうど良い。

 超長距離走のレースに出た人は少ないと思うので説明すると、途中で食事をしたり、トイレに入ったりしているので、時速7kmと設定すると、走っているとときは7.3km位でないと7kmにはならない。
 この時間設定で約31時間でゴールに着く事になる。制限時間は36時間だからこれで十分なのだが、実際は最後は歩きになり、時速は5kmぐらいまで落ちるので、制限時間ぎりぎりの到着と思っていた方がいい。

 超長距離走のもう一つのポイントは、途中で長い休みを入れないことで、気持ちとしては36時間動きっぱなしの方が良い。動いている限り眠たいこともないし、気持ちもハイに保てる。
 一方、長い休み時間をとると再開する気力がなえてしまう。
足も痛いし、もうここまできたのだから、もういいや。それに最後まで走っても、それが何の意味があるの」こおしてリタイアをしてしまう。

 また、夜中の走り方には注意が要る。夜の甲州街道はトラックが飛ばしているので、身体にチカチカランプのようなものをつけて、自動車に注意を喚起する必要がある。しかしそれ以上に重要なのは、側溝の出っ張りなどに足を引っ掛けて転ばないことで、夜中の事故はこれが一番多い。

 身体がふらふらになった状態で転ぶと、大怪我になることが多く、そうでなくても足から血がでて気力が萎えてしまう。
 特に私は、すり足走法なので、よく転んでは捻挫の一歩手前まで行ったものだ。

 今は2時間走を身体に負担にならない程度まで、なれさせる予定だ。これに慣れてくれば次は、江戸川の堤に行って30km走50km走を入れたい。
 三郷から葛西臨海公園までが約30kmで、川間から葛西臨海公園までが約50kmだ。
 長距離走のトレーニング場として、江戸川ほど適している場所は少ない。私のとても好きなコースだ。堤の上を走るので景色が非常にいいことと、途中でリタイアする場所がほとんどないことがいい。
しょうがない、最後まで走るか」いやでも走らされる。

 こおして、「甲州夢街道シルクロード215Km」の準備が整い始めた。あとは病気や怪我をして練習ができなくなることだけ心配しよう。

(お願い)一番最後に「投票」がありますが、見た方はできるだけ投票をお願いします。実はこの機能の操作があまり良く分からず、試行錯誤をしていますので、テストと思って参加していただくと幸いです。

なお、このブログと関連する記事は以下のとおりです。
(ウルトラマラソン再挑戦)
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/1971_ffab.html

@nifty 投票:この記事は参考になりましたか

|

« (19.7.13)画像処理にはまってしまった。 その2 フォトショップ | トップページ | (19.7.15)会社の同期会 »

マラソン ウルトラマラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1005651/39061163

この記事へのトラックバック一覧です: (19.7.14)ウルトラマラソン再挑戦 その2:

« (19.7.13)画像処理にはまってしまった。 その2 フォトショップ | トップページ | (19.7.15)会社の同期会 »