« (19.6.27)おゆみ野クリーンクラブ | トップページ | (19.6.29)苅田郷(かったごう) »

(19.6.28)おゆみ野ウォーカーズ Tさん

 信じられないことに、おゆみ野ウォーカーズTさんからインタビューを受けた。
 私は、おゆみ野ウォーカーズは、おゆみ野周辺の美しい景色を散策して、ブログを作成しているグループと思っていたので意外な気持ちがした。

 よく聞いてみるとウォーカーズはブログ以外に、おゆみ野walkersというHP(ホームページ)を持っていて,その中でおゆみ野に住んでいる住民の中で、この人はと思われる人にインタビューをしてHPに掲載しているのだと言う。

 早速HPを覗いてみたら、知り合いの I さんの記事が掲載されていた。
 また泉谷中のOさんの記事は、参考になった。知り合いから
昔は荒れた中学と言えば泉谷中だったけれど、今は、はずかしいけど有吉中なの」と聞かされていたが、その実態が良く分かった。
Oさんのような方が努力をされて、荒れた中学を救ったのだと思うと頭が下がる。

 インタビューをしたTさんは、ちょっとNHKのクローズアップ現代の国谷キャスターに似た人で、話し方も現役のキャスターみたいな人だった。
 聞いてみるとある雑誌の契約社員として記事を書いているらしい。

  私は引退してからは、職業的な会話をすっかり忘れていたので、かなりどぎまぎしてしまい、まともな受け応えができなくなってしまった。
ご住所は?」
えぇーと、どこでしたっけ、あの、どこだろう」なんて雰囲気だ。

 私が四季の道の清掃活動を足掛け14年間にわたっておこなってきたことで、おゆみ野walkersの「この人に会いたい」人の一人としてに掲載されるらしい。

 確かに清掃活動はずっとしてきたけれど、取っ掛かりはいたって単純なことだった。
 私の趣味はマラソンで、四季の道を練習ロードにしていたが、あまりにゴミの散乱が目に付いたからである。
これじゃ、ゴミが気になってまともに走れない。まずは清掃をしてから走ることにしよう
 野球選手が、グランド整備をするのとまったく同じ動機である。

 さらに言うと、私は根っからのスポーツ選手だから、一旦はじめた事はよほどの理由がない限りやめない。
 スポーツ選手は、基本練習をしつこく繰り返す。野球の素振りや、柔道の打ち込みや、水泳のバタ足のような基本練習である。そのノリで14年間続けてきた。

 しかし、恐ろしいものだ。こおした清掃活動を続けているとある事実に気がついた。
この街は、よくメンテナンスしていけば、世界に誇れるような美しい街になる

 それ以降は、清掃活動だけでなく、弱剪定をしたり、ペンキの落書きを消したり、不法なビラを撤去したり、最近は花を植えたりしているが、なんとかこの街を世界に誇れる街にしたいからである。

 「個人の力はたいしたことはないけれど、それでもこの程度はできるのだ」と言うことをTさんに説明したかったが、うまく伝わっただろうか。

 国谷キャスターを前にして、あがってしまった識者見たいな立場だったので、若干心配だ。

 おゆみ野ウォーカーズのHPおよびブログは以下のとおりです。
(HP)
http://www4.plala.or.jp/oymwalkers/
(ブログ)
http://oymwalkers.cocolog-nifty.com/blog/

|

« (19.6.27)おゆみ野クリーンクラブ | トップページ | (19.6.29)苅田郷(かったごう) »

おゆみ野 WALKERS」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (19.6.28)おゆみ野ウォーカーズ Tさん:

« (19.6.27)おゆみ野クリーンクラブ | トップページ | (19.6.29)苅田郷(かったごう) »