« (19.6.14)誤解 環境管理センター | トップページ | (19.6.16)コンピュータ絵画の世界2 »

(19.6.15)おおど池から泉谷公園へ

 いつも四季の道で会う Nさんから、泉谷(いずみや)公園花菖蒲が満開だとの話を聞いた。泉谷公園の花菖蒲田はおゆみ野の住民にとっては、この時期是非行って見たいスポットの一つである。

 約1000平方メートルの菖蒲田に約800本の菖蒲が植えられている。この緑区では昭和の森の花菖蒲が有名だが、泉谷公園のそれもなかなかのものだ。

 今回は、おおど池から、小川を遡るようにして泉谷公園まで散策し、写真を撮った。
 写真そのものはデジタルカメラで普通に撮っているのだが、それを愛用のソフトPicasa(ピカサ)で編集してある。

 毎回同じことを書いて恐縮だが、写真の編集ほど面白いものはない。
ないしろ何気ない普通の写真が、見る見るうちにプロが写した写真のように変わっていくのだから、わくわくするような気持ちで編集をしてしまう。

 もっとも、私がしていることの基本は 曲がった写真を水平にし、 どことなくだれた画面をシャープにし、③ 彩度を上げて色鮮やかにした後、④ 不要な部分の切り取りをしているだけだ。
 それに最近ではPhotoshop(フォトショップ)を使って、細部のいらない画像を消している。
 娘によるとこの画像を消す処理は女性に人気があり、「顔のしみやほくろをすべて消すことができるので、お見合い写真にぴったり」だそうだ。

 これでほとんどの写真は見違えるような美しい写真に変身する。自分で見ていて惚れ惚れするぐらいだから、編集作業を知らない人はびっくりしてしまう。

 この編集した写真を使用して、PhotoBack(フォトバック)というソフトを使用すると、16cm平方の写真集ができるのだが、これが非常に評判がいい。
息子の結婚式の写真集とトルコ旅行の写真集を作ってみたが、デザイナーの娘が会社で披露すると、デザイナー仲間から「お父さんは、プロの写真家か」と言われたといっていた。

 先日は、娘の友達から「なくなった子犬の写真集を作ってもらえないか」との依頼が来て、早速作成したのだが、「写真集を見て一家で泣いた」とのことだ。

 今回もWeb写真を作った。この作業は本当にルンルン気分でできるので、写真の編集に興味のある人は、GoogleからPicasaをダウンロードして使用することを進める。
 このソフトとWebの利用環境はまったくタダなのだから、無料でプロの写真家の真似ができると思うと、涙が流れそうなくらいうれしい。
 Webにあげた写真を、メールにURLを添付して送れば、見た人からきっと「あなた、いつからこんなに写真がうまくなったの」といわれることは請け合いだ。

 下記に、おおど池から泉谷公園の菖蒲田までの写真を掲載しておきます。またスライドショーで見てください。

http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/QsAiBE?authkey=F_YsCrApdqY

|

« (19.6.14)誤解 環境管理センター | トップページ | (19.6.16)コンピュータ絵画の世界2 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (19.6.14)誤解 環境管理センター | トップページ | (19.6.16)コンピュータ絵画の世界2 »