地域のイベント

(23.3.16) 小谷小学校の路面表示作戦が成功しました

P1050381
小谷路面表示作戦、大成功!!

3月6日日曜日、午前8時より午後3時位まで。

お天気にも恵まれ春を思わせるような暖かさのなか、

小学生部隊、中学生部隊、おとな部隊の延べ40名の手により、

小谷小学校前遊歩道「なつのみち」に楽しいマークが描かれました。

泉谷中美術部がデザインした安全のための表示ですが、

ついつい歩いてみたくなるような仕掛けになったと思います。

次の朝はあいにくの雨でしたが、

子どもたちは色とりどりの傘をさして、

楽しげに足跡をたどりながら元気に登校していきました。

セーフティの皆さんも微笑ましい光景に大満足でした。

通勤途中や犬の散歩の方からも

「凄い~本当に描けたのね~ご苦労様~ありがとう~」

などなどの声をいただきました。

学校や地域など、たくさんの方のご理解ご協力に感謝いたします。

泉谷小中学校前遊歩道「なかのみち」から始まった路面表示作戦、

さて、次はどこに出現するのか楽しみですね♪


写真は以下のWebアルバムで見てください。
https://picasaweb.google.com/yamazakijirou0/KRHBKF?authkey=Gv1sRgCP-Ft-GL5M7yIQ#

| | コメント (0)

(23.2.2)おゆみ野の街路樹管理を考える会 懇談会 メモ

平成23年1月22日

おゆみ野の街路樹管理を考える会 懇談会 メモ

1月15日(土)午後、千葉市(緑土木事務所、公園管理課、緑公園緑地事務所、みどりの協会)とおゆみ野守り人が共同で呼びかけた表題の懇談会を鎌取コミュニティーセンター会議室で開催しました。約15名が参加しました。昨年11月11日(木)に開催した「夏の道と夏の道公園を歩く会」で出た意見への千葉市の回答を聞き、参加者で意見交換をしました。その概要を報告します。

 【千葉市の回答と今回の懇談会で出た意見】

・ 11月11日の意見を受けて緑の協会で樹木医による夏の道のケヤキの診断を行った。治療が必要なケヤキが2本あり枯死腐朽部分の切除、殺菌剤の塗布、幹巻き保護などを施した。小谷小校門前ロータリーの1本は、腐朽がひどく回復は難しい状況である。治療の効果を観察し、回復しないようであれば伐採もあり得る。

・ 小谷小校門前ロータリーは構造物の影響で歩行者と自転車が特定の通路に集中、接触など安全性に問題がある。樹木も混み合っており、樹勢が回復しないケヤキは構造物の改造と合わせて伐採も検討してほしい。

・ 改めて宮崎さんが夏の道のケヤキ153本を観察した。今後治療が必要と見えるものが11本、剪定断面に防腐剤を塗布したものが51本あった。これからも観察結果を緑の協会に報告することを確認した。

・ 夏の道ではないが強風で街路樹が途中から折れ、近くに駐車していた自動車に損傷を与え千葉市が賠償する事故が発生した。折れた部分は腐朽菌で傷んでいた。日常的な樹勢の観察と早目の対応があれば、このような事故を未然に防ぐことができたかもしれない。住民からの情報に期待している。

・ 低木剪定など街路樹管理を自治会や有志でやりたいとの申し出が緑土木事務所に寄せられている。社会実験として具体化を検討している。

・ 住民が勝手に公園や街路の樹木を移動したり、伐採したりしないでほしい。樹木も市の財産であり、弁償を求めた事例も発生している。必ず土木事務所や公園事務所に相談してほしい。

・ 愛生町の公園では周辺住民と若葉公園緑地事務所が協力して清掃や低木の刈り込みを実施、昨年12月千葉市業務改善コンテストで上位に入賞した。事例紹介が、公園管理課からあった。

・ 宮崎さんから高齢者世帯の落ち葉の始末など樹木を巡る苦労をサポートする「お助け隊」を結成したいとの意見が出た。それに対して組織的な取り組みが望ましいとの意見があり、「おゆみ野の森を育てる会」などとの連携を相談することになった。

・ 行政と地域住民が顔見知りになり、気さくに楽しくおゆみ野の緑について対話し行動する取り組みを継続することとした。次回は4月頃に企画を行いたいとの意見が出た。「おゆみ野まちづくり協議会環境部会」との共同開催も検討し、出来るだけ多くの人が参加できる取り組みにして行きたい。

【この実何のみ?】

・ 緑土木事務所の鈴木所長がおゆみ野界隈で採取したこの実の標本を使い、この実の名前あてクイズをやりました。マツボックリ、トチ、クヌギ、フジ、オニグルミ、ムクロジ、フウ、マテバシイ、ナツツバキ、スギなど。たくさんの木の実が、おゆみ野にあることを知りました。

【街路樹クイズの正解・緑の協会より】

① ケヤキは千葉市全体で街路樹本数上位3位に入っているか?
(正解)入っていない。1位イチョウ、2位マテバシイ、3位ハナミズキ、4位ケヤキ。緑区では1位 ハナミズキ、2位ケヤキです。

② 千葉市で街路樹本数が一番多い区は何区?
(正解)1位美浜区16,577本、2位緑区15,040本、3位若葉区5,866本、6区計47,473本。

③ 街路樹に関する市民からの要望が一番多い区は何区?
(正解)21年度1位緑区189件、2位若葉区98件、3位中央区55件、6区計411件。
   千葉市の街路樹等維持管理作業量は予算削減により年々減少しています。反して、市民からの要望は増加傾向にあります。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

(23.1.17) 22日の女性の会主催フォーラムのお知らせ

システムの制約があって全文を添付できませんので、全文を見たい場合は以下のURLをクリックしてください。

http://picasaweb.google.com/yamazakijirou0/MyDocuments#5563252536208084978


001_2

| | コメント (0)

(23.1.5) 遊歩道の街路樹管理を考える懇談会の開催について

千葉市(緑土木事務所、公園管理課、緑公園緑地事務所、みどりの協会)&おゆみ野守り人
              
遊歩道の街路樹管理を考える懇談会

平成23年1月15日(土)午後1時から、
 鎌取コミュニテーセンター2階会議室です。

延べ40名以上の参加で、平成22年11月11日(木)に開催した「夏の道と夏の道公園を歩く会」で出された意見への行政からの回答を聞きます。

「歩く会」の後行った樹木医による診断と治療の結果を聞きます。

緑に関するいろいろな苦労について、助け合いを考えます。

自治会や個人などでの取り組みが始まります。情報交換しましょう。

千葉市と住民の協働による緑を巡る次なる取り組みを相談しよう。

多くの皆さんの参加をお待ちしています。

【街路樹クイズ】
①ケヤキは千葉市全体の街路樹本数上位3位に入っているか?
②千葉市で街路樹本数が一番多い区は何区?

③街路樹に関する市民からの要望が一番多いのは緑区って本当?
(正解は1月15日懇談会でお知らせします。)

問い合わせ先 おゆみ野守り人(多田 TEL043-300-1514)

| | コメント (0)

(22.12.1) 夏の道の街路樹管理を考える懇談会での意見

                                        平成22年11月11日

第1回 夏の道と夏の道公園を歩く会 メモ

11月11日(木)小春日和の午後、千葉市(緑土木事務所、公園管理課、緑公園緑地事務所、みどりの協会)とおゆみ野守り人が共同で呼びかけた「第1回 夏の道と夏の道公園を歩く会」を開催しました。爽やかな秋空の下、総勢34名が参加しました。平日にもかかわらず、予想を超える数の参加者に心より感謝を申し上げます。さらに、途中まで緑区の大曾根区長参加のサプライズもあり、大いに盛り上がりました。

観察会のあと、おゆみ野ふれあい館に場所を移し、今日の観察で気付いたことなどを振り返り、遊歩道や公園の街路樹管理を考えました。様々な視点からの意見があり、活発な対話がなされました。今回出た意見を事務局で集約し、次回の活動を提案することになりました。

「お天気にも恵まれ、良い企画だったね。次回もよろしく。」そんな声をたくさんいただきました。身に余る言葉をいただき、呼び掛け人の一人として責任の大きさを改めて感じました。これからも、皆様のご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 【懇談会で出た意見】

・ 街開きから30年が経過、緑はおゆみ野の財産であることは疑いの余地がない。反面、樹木が大きくなったり、繁茂した枝葉が日々の暮らしの中で弊害をもたらすケースも出てきた。

・ これからに向けて、新しいケヤキ並木をどう作るのかビジョンが必要。住民参加型のビジョン作りを進めてほしい。自分たちの街を、自分たちで守り育てたい。

・ 筒切りしたケヤキの元気が回復しない。見栄えも悪い。樹皮にコケが沢山出ている。根が地表に浮き出ている。健康な木が少なくなっている。

・ ケヤキが大きくなり過ぎ、近隣住民から落ち葉や日照などの苦情があり、3年前筒切りで高さを制限した。他の地域では順調に樹勢が回復した事例があるが、夏の道は失敗と判断せざるを得ない。治療が必要な木がいくつもある。

・ 低木剪定の講習会を行い、受講者から地域の緑の管理人を委嘱し、あるエリアの剪定実務や日程の調整、地域との連携をその人に一任してはどうか。

・ 落ち葉の片付けが大変。年に2回屋根に登って雨樋に詰まり腐葉土化した落ち葉を回収している。大きなゴミ袋いっぱいになる。樋の通りを確認するための水を2リットルのペットボトル5、6本屋根に持ち上げる。高齢になると危険性が増し、家族が心配している。そんな苦労も知ってほしい。

・ 高齢者世帯の落ち葉の始末を支援するボランテイア組織を作ってはどうか。

・ 小谷小付近などに樹木が密になっている場所がある。間引きをしても良いのでは?

・ 間引きについては、住民の合意形成が必要。近隣住民の意思が尊重されるべきだが、おゆみ野地区広範囲への事前周知も必要では?

・ 遊歩道の街路樹の問題は夏の道以外でも共通の問題。この取り組みを千葉市から自治会の地区連協で紹介してほしい。街おこし事業として費用など補助し、住民参加を促進してはどうか。

・ 剪定や清掃などの実施日と作業概要を事前に地域にも教えてほしい。地域の声を取り入れながら進めてほしい。機械的に剪定するのではなく、樹木の役割を損なわない配慮も必要。行政と行き違いがないようにしたい。

・ 緑の協会ホームページに剪定などの日程を掲載してはどうか?

・ 夏の道公園の樹木が密になり死角が増え、街灯の明かりを遮る場所も出てきた。必要に応じて地域住民が剪定することを認めてほしい。

・ 夏の道公園の噴水を花壇に改造した。地域住民と行政との連携の成果。少年たちの問題行動が減った。公園内のトイレの破壊も沈静化している。

・ 緑について、お互いの本音を出し合う場がなかった。地域住民同士、地域と行政、お互いが一歩近づくことが欠けていた。今回のような対話を継続し、具体的な行動を起こして行きたい。行政と地域住民が協力して、おゆみ野を美しい活気ある街にして行きたい。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(22.11.1) 第1回 夏の道と夏の道公園を歩く会

千葉市(緑土木事務所、公園管理課、緑公園緑地事務所、みどりの協会) & おゆみ野守り人
              
遊歩道の街路樹管理を考える

第1回 夏の道と夏の道公園を歩く会

成22年11月11日(木)午後1時45分 夏の道太鼓橋の頂上集合
夏の道から夏の道公園までを散策しながら街路樹を観察します。
その後、おゆみ野ふれあい館で懇談会、午後3時30分頃解散の予定です。
多くの皆さんの参加をお待ちしています。
なお、雨天の場合はおゆみ野ふれあい館へ移動し、懇談会のみ行います。

【住民の声 ごくごく一部です。】
落ち葉の片付けが大変。遊歩道の樹木が死角となって防犯上問題だ。
緑はおゆみ野の財産だ。筒切りしたケヤキの元気が回復しない。見栄えも悪い。
自分たちの街を、自分たちで守り育てたい。

【千葉市の実情】
    公園、街路など緑に接した人、離れた人で意見が分かれ対応に苦慮。
財政再建の真っただ中、予算は確実に減る。
いままでと同じ行政サービスは維持できないかも?

さあ、困った!!

千葉市も住民も共に事実を見つめ、考え、行動しよう。
小さな行動を積み重ねて行きたい。
そんな思いで始めてみました。

問い合わせ先 おゆみ野守り人(多田 TEL043-300-1514)

| | コメント (0)

(22.10.1) おゆみ野子育てフォーラム

前回、千葉市次世代育成支援行動計画(後期計画)~夢はぐくむ ちば こどもプラン~   を勉強しちゃった後なので、今度は もうすこし対象年齢をひろげて 勉強してみちゃおう!ということで…

おゆみ野子育てフォーラム VOL5
WHAT’S?青少年育成

前回もいったけど、「千葉市次世代育成支援行動計画(後期計画)」はけっこうすごい。

なにがすごいって 昨今の子育て支援ブームのなかで「次世代育成支援行動計画は、本市の次世代を担う こどもたちを幸せにするため の計画です。」(本文より抜粋)
とはっきりうたっちゃったところがすごい。おまけに「こども」の千葉市における定義を明確にしたとこがすごい。

*************************
◇「こども」の呼称について
「こども」の法令上の明確な年齢区分はなく、法律により年齢基準も異なり統一されていません。また、こどもと大人の間に
青少年というカテゴリーを設ける場合も、その境界線は一定ではなく、分類としては、以下のような分け方(省略)があります。
本計画では、施策の対象等に応じて呼称を使い分けることとし、
乳児から青少年までの全般を指す場合は、「こども」と表記します。      (本文より抜粋)

*************************
そして今回のテーマ、「青少年育成」を包括的に推進しようと“こども未来局”に一元化したところも実はすごい!!!
そしてそして、おゆみ野には来春以降、もういっこ“青少年育成委員会”ができるらしい。。。というこのタイミング!!
そこで、今回は、そこんところのいきさつをふくめ、“青少年育成”について語り合ってみよう。

♪プログラム♪
~第一部~ 千葉市こども未来局健全育成課の方より“青少年育成行政”についてのレクチャー
          ☆青少年育成について、市の考え方と事業
          ☆青少年育成委員会の市における位置づけと、地域に期待すること
~第二部~ 青少年育成の“チイキーパーソン”=“青少年育成委員会”についてフリートーク

日時  11月6日(土)
AM10:00~12:00
場所  おゆみ野ふれあい館 
サークル室2

主催        
おゆみ野守り人(http://yamazakijirou1.cocolog-nifty.com/mamoribito/
いきいき子育てミニフォーラム@おゆみ野(http://www.geocities.jp/kosodate_at_oyumino/
お申し込み・お問い合わせは  kosodate_at_oyumino@yahoo.co.jp  または ℡080-3546-9245 へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(22.7.10) 子どもの居場所作りを考えよう。

子どもの居場所作りを考えよう。

おゆみ野守り人勉強会のお知らせ

1.期日 平成22年7月12日(月) 午後7時~午後9時

2.場所 鎌取コミュニテイ―センター 会議室

3.講師 松崎 泰子さん(淑徳大学名誉教授)

4.テーマ 「コミュニテイ―カフェ活用の子育て支援モデル事業」を学ぶ
・子どもは皆地域の宝、それぞれの居場所がほしい。
・学校に行けなくなった子、勉強が難しいと感じ始めた子、物語の読み聞かせ、いろいろな子どもたちの在り様に大人が寄り添う。
・当モデル事業実行委員会委員長の松崎先生に事業の概要、法整備の背景をお聞きします。
・このようなカフェを持続させるには、様々な分野の、たくさんの大人が支え合う必要があります。
・多くの方の参加を期待します。声を掛け合って、お越しください。

5.問い合わせ先
・不明な点は、多田(TEL 043-300-1514)まで、お問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(22.6.14) おゆみ野の森にオオムラサキを飛ばそう

おゆみ野の森にオオムラサキを飛ばそう!」

 6月20日(日)おゆみ野の森を育てる会定期活動で、国蝶「オオムラサキ」を専門家、飼育家の方よりお話をしていただきながら、オオムラサキの観察会を行います。お話しの内容は小学校低学年を対象としています。

 おゆみ野の森には、幼虫のえさになるエノキの木や蝶が寄ってくるクヌギの木などがあります。観察のあとには、おゆみ野の森に蝶を放つ予定です。千葉市にも昔オオムラサキがいろいろな所で生息していました。雑木林の衰退とともに、なかなか見られなくなった国蝶をぜひ見に来てくださいね。

 時間は午前10時から1時間程度、場所はおゆみ野の森です。森に直接お越しください。詳しくは添付しましたポスターをご覧ください。
  
※繁殖活動を終えた成虫を話します。今年は低温で蝶の生育が遅れ気味です。生育状況等によっては、森に放つ ことができない場合もありますのでご承知おき願います。

オオムラサキのポスターは以下のURLをクリックしてください。
http://blog.goo.ne.jp/oyuminonomori/e/1b794ce8897a5f7655cf6dcb6dd8dbfb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域イベント情報

(21.6.12)蛍のさんぽ道
上記の行事が泉谷公園で開催されました。以下のブログに掲載されています。

*福谷章子のまちづくり
http://fukutani.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/06/post_a340.html

*おゆみ野四季の道
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/2169-3fff.html

(21.4.19) おゆみ野の森 春まつり
晴天の下、春まつりが開催されました。以下のブログに詳細な報告が起債されています。

*おゆみ野四季の道
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/21420-8118.html

*福谷章子のまちづくり
http://fukutani.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/04/post_2e74.html

(21.4.1) さくらさくさくウォークラリー 

 さくらの美しいおゆみ野の遊歩道を、お友だちどうしで、家族連れで、歩いてみませんか

ところどころにゲームや、おいしいものを用意して、地域の人が皆さんを楽しく迎えてくれます。

春の一日、さくらのもとでふれあいを楽しみましょう。

日時 45日(日)

受付時間           930分~1030

ウォークラリー・ミニイベント 930分~1230

受付場所 

鎌取コミュニティセンター円形広場

内容 

受付でウォークラリーの地図とスタンプカードを受け取って、スタート

各チェックポイントで遊んでまわって、円形広場に戻ってゴール!

ゴールの後は、音楽や人形劇や紙芝居などが待っているよ。

参加費 無料

参加方法 

お友だちどうし、家族などグループ(2人以上)を作り、当日受付に直接お越しください。

(未就学児は、保護者同伴でお願いします)

備考 水筒持参をお勧めします。授乳室もあります。(1階大広間)

雨天の場合は、鎌取コミュニティセンターの音楽室や3階多目的ホールにて人形劇やミニゲーム大会などを10時~12時に行います。

| | コメント (0)