« (22.1.18) 守り人インタビュー 放課後子ども教室コーディネーター | トップページ | (22.3.24) 地区の守り人インタビュー 千葉市建設局土木部緑土木事務所 所長 鈴木康博さん »

(22.2.27) 地区の守り人インタビュー 千葉南警察署生活安全課Nさん

地区の守り人インタビュー

 第6回 千葉南警察署生活安全課Nさん

 連日、バンクーバーオリンピックでの日本選手の健闘が報道されています。異なる生活空間で実力を発揮することの難しさを改めて感じます。今回は千葉南警察署(以下、南署)生活安全課のNさんにお話しを伺いました。Nさんは千葉県からの出向で、この3月をもって2年間の任期を終える予定です。異なる環境での仕事の思い出、緑区やおゆみ野地区の感想などをお聞きしました。

Q. 自己紹介をお願いします。

A. 平成6年4月千葉県の職員に採用になりました。税金や土木の仕事をしてきました。20年4月南署に出向となりました。千葉県から南署への出向は私で3代目です。趣味は野球観戦です。

Q. 南署での仕事の内容を教えてください。

A. 住民の皆さんと南署をつなげる仕事をしてきました。

① 犯罪情報の提供:「地域安全ニュース」の発行。南署管内の学校、自主防犯パトロール隊として登録してもらった方々に犯罪の発生状況などを電子メールなどで届けています。
「ちばし安全・安心メール」に掲載されている犯罪に関する情報の元データを提供しています。携帯電話からも登録できます。入手する情報を各区ごとに指定できます。是非、利用してください。

② 防犯キャンペーンの実施:自転車盗難、振り込め詐欺などの防止を千葉市や警察少年補導員などの皆さんの協力をもらいながら行っています。

③ 防犯グッズの貸出:防犯協会の仕事として自主防犯パトロール隊への帽子、ベスト、腕章などの貸出を斡旋しています。パトロール隊の認定に人数などの条件はありません。犬の散歩など何かをやりながらでも大丈夫です。

Q. 南署の仕事で印象に残っている事は何ですか。

A. 宿直勤務です。6日間に1回宿直があります。私は警察官ではないので主に署内に残り無線や電話の対応をしていますが、事件事故対応へのモチベーションを維持しながら、緊張感の中で一晩中起きていることは大変であり、新鮮な経験でした。また、21年度暫定値ですが南署管内での刑法犯発生件数は1,871件/年で、前年より12件増加しています。自転車盗が最も多いのですが、空き巣やカーナビ盗などの車上あらしも発生しています。パトロールなど地道な防犯活動と予防の工夫が大切です。パトロール隊同士の情報交換会を開催しました。可能な範囲で無理せず、気長に継続してほしいと思います。パトロール隊のないエリアやこのような活動と接点がない住民への働きかけは、これからの課題です。

Q. 放置自転車やバイクを発見した時、私たちの対応の仕方を教えてください。

A. 南署に連絡してください。警察官の到着まで現場で待てない場合は、その旨を伝えてください。匿名での連絡も受け付けています。緊急対応を要する事態と判断される場合は市外局番なしで110番に通報してください。県警本部の指令センターにつながります。南署管内の警察官だけでなく、最短で現場に到着できる警察官が駆け付けます。指令センターからの情報は千葉県内のすべての警察官につながります。

Q. 最近、おゆみ野地区での公共施設の破壊や落書きが再発していますが、南署の対応をお聞かせください。

A. 犯人を特定している訳ではありませんが、例年これから学校の卒業式までの期間、少年に関係する事件などが増加します。南署もパトロールを強化しています。学校や地域の皆さんと情報共有と予防への意思疎通を図り、非行の芽を小さなうちに摘み取る環境作りを進めたいと考えます。

注)最近の事例として以下の記事を参照してください。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/22224-c268.html

Q. おゆみ野地区へのメッセージをお願いします。

A. 実は鎌取駅周辺に住みたいと考えたことがありました。都会に近く、自然も多く生活しやすい環境だと感じました。これから発展する活気がある街だと思います。若い街ですので、地域の皆さんの力で良い街を作れる魅力があります。その街作りに南署も寄与することを期待します。私が感じたことは、次の出向者に伝えます。短い期間でしたが緑区で仕事をすることができました。また、どこかで皆さんとお会いする機会があるかもしれません。その時はよろしくお願いします。

取材の感想

 もっと早くNさんの役割を知るべきでした。地域と警察をつなげ、防犯を推進していたのです。Nさんの後任の方にも、地域住民の思いを伝え安全な街作りを共に進めて行きたいと感じました。Nさん、引き継ぎよろしくお願いします。
「これからの街作りは私たちの手の中にある。」Nさんからのメッセージを大切にします。これからも千葉市緑区を、おゆみ野を見守っていてください。たまには、遊びにきてくださいね。千葉県の仕事に戻られてからも活躍を期待しています。
南署での勤務、お疲れさまでした。2年間のご苦労に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

以上

|

« (22.1.18) 守り人インタビュー 放課後子ども教室コーディネーター | トップページ | (22.3.24) 地区の守り人インタビュー 千葉市建設局土木部緑土木事務所 所長 鈴木康博さん »

守り人インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (22.1.18) 守り人インタビュー 放課後子ども教室コーディネーター | トップページ | (22.3.24) 地区の守り人インタビュー 千葉市建設局土木部緑土木事務所 所長 鈴木康博さん »