« 2010年3月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

(22.12.13) 四季の道駅伝の練習会が始まりました

 来年の1月30日(日)に開催される四季の道駅伝練習会が開催されました。
日程は以下の通りで行われています。


① 第1回 22.12.12(日) 1時からほぼ1時間 冬の道の基点
  (おゆみ野南小、金沢小、小谷小の児童が対象)

② 第2回 22.12.19(日) 1時からほぼ1時間 春の道公園
  (有吉小、扇田小、泉谷小の児童が対象)

③ 第3回 23.1.16(日)  1時からほぼ1時間 冬の道の基点
  (おゆみ野南小、金沢小、小谷小の児童が対象)

④ 第4回 23.1.22(土)  1時からほぼ1時間 春の道公園
  (有吉小、扇田小、泉谷小の児童が対象)


① 第1回練習会の模様は以下の通りです。

221213_004

 今回(12日)は第1回目の練習会で、対象は小谷小、金沢小、おゆみ野南小のでした。
例年場所は秋の道と冬の道の交差にあたる東西南北ロータリーに集まってもらいました。

 この練習会の目的は事前に一人が走る駅伝の距離1000mを経験してもらっておくことにあります。
子供たちは短い距離を全力で走ることには慣れているいますが、1000m程度の距離をうまく走りとおすことには慣れていません。

 どうしても飛び出してオーバーペースになって胃や心臓が痛んで歩き始めることが多いので、そうしたことがないようにイーブンペースで全力の走りができるように指導するのが研修会の目的です。

221213_002

 指導者には今年もランナーの仲間が集まってきてくれました。おゆみ野在住の元実業団の実力選手で、大学や高校駅伝のエースだった小栗さんや、四季の道ランナーズのAさんやKさん、それと猿飛おじさんのAさんです。

 お母さんやお父さん方も大勢来てくれてなかなか盛況な練習会になった。
ロング走を2回、それとタスキリレーを1回してみたが、子供たちの走力はなかなかのものでした。

  いつものように小栗さんから走り方のポイントを話してもらいました。

① 片足で立ってみてぐらぐらしないこと(重心が安定していること)
② 走るとき腰が十分に動くこと(足で走るというよりも腰で走る)


 この日は天候にも恵まれていい練習日和だった。

 

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2011年1月 »