« (21.2.15) 四季の道駅伝が開催されました | トップページ | (21.3.5) 駅伝公式写真集 »

(21.3.1) 第9回実行委員会が開催されました

 駅伝大会の反省会が開催されました。

反省会で出された主な内容は以下のとおりです正式な取りまとめは別途行ないますので、以下は速報です

 基本的には天候にも恵まれ、欠席者もほとんどなく、かつ事故もなく実施できました。選手および関係者の努力の賜物と思っております。
また一般道との交通遮断は住民の協力も得てとてもスムーズに行なうことができました。

 用意したメダルもとても喜んでもらい、またトン汁は容器がなくなるほど盛況でした。

 なお、来年に向けたより良い大会にするための反省は以下の通りです。



① 誘導関連
・ 中継所まで距離が長く、またスタート地点まで戻る必要が有った。この誘導については、研究課題
・中継地点での準備運動等をさせることについて、誰がどのようにするか等の取り決めをしておいた方がよさそう。
・人数確認をしっかり行なう必要がある。途中でいなくなる児童がいた。
・呼吸を整えてから、そろって元のスタート地点に誘導する必要がある(息が切れている児童がいる間はダメ)

② 中継地点関連
・有吉中継所はスタートして500mの地点にあるため、団子状になって選手が入ってくる。最初から次走者を並ばせておくような対応が要検討

③ 広報関連
・看板をより目立ちやすく、かつ詳細な情報を記載した方がよさそう。特に選手が走ってくる時間が分かることがポイント。
・情報伝達手段として、公式ブログの活用をより図りたい。

⑤ コース管理・整理関連
・スタートをする直前に、自転車等のストップをコース管理・整理で十分にできなかった。翌年はしっかりとした管理体制が必要。
・管理担当者がコースの真ん中にいない例があった。来年はこの周知徹底が必要。
・金澤小学校の3年生のゴール地点がごった返して、一般の人の交通整理がうまくいかなかった。来年の検討事項。
・伴走の自転車があった。これは止めさせる必要がある。

⑥ 救護関連
・救命士による講習会を多くの人が受けていた方が良い。次回駅伝の前に企画を行なう。

⑦ 自転車隊関連
・事前にPRの意味をこめて、背中に駅伝マークをつけて四季の道を走ったがこれは有効だった。できれば関係しているランナーにも駅伝ヤッケ等を着て宣伝をかねて走ってもらうのが良い。

⑧ 受付関連
・受付場所が分からない人がいた。はっきり分かるような工夫が必要。

⑨ トン汁関連
・当初600食、最後は1000食まで増やした。来年はこれ以上のトン汁の用意が必要になりそう。

⑩ 全体関連
・次回はどこまでの学年まで拡大するかの検討が要る。また3年生については500mでなく1000mでも大丈夫かもしれない。
・雨対策が要る。雨の場合はテント等の用意がいるか等
・荷物についてはゴール地点まで運べないかどうかの検討が要る。


正式な駅伝の着順・タイムは以下の通り。なお同タイムの場合は判定員がその場で順位を判定しております。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/xYeDQC?authkey=Gv1sRgCMGh18imusLgUw#

  

|

« (21.2.15) 四季の道駅伝が開催されました | トップページ | (21.3.5) 駅伝公式写真集 »

コメント

おゆみ野駅伝、すばらしい大会でした。
なんといってもこどもたちも大人たちも笑顔いっぱいでした。
なにかやろう、前向きに取り組もう、という姿勢は見ていてすがすがしかったです。

荷物ですが、軽トラックか、リアカーで走り終わる地点まで持って行くことでしょうね。
あるいは、前のランナーが走り終わって着る服や飲み物を、次のランナーが持って行って、その場においておいてあげることでしょうね。長柄駅伝のスタイルです。

投稿: 謙 | 2009年3月 3日 (火) 01時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« (21.2.15) 四季の道駅伝が開催されました | トップページ | (21.3.5) 駅伝公式写真集 »